お金を借りる

お金が借りられない!?

金融会社からお金を借りるには、満20歳以上で安定した収入があることが絶対条件です。この基準を満たしていないと、現在の賃金業法下ではお金を借ることはまずできません。

 

しかし、基準を満たしていない方も、急な出費などでお金が必要になることがあります。そこで、どのような方が金融会社を利用できないのか、お金を借りる必要ができた場合にどうすることができるのか見ていきましょう。

 

低所得者・無職者

働いてるが収入が低い、返済能力が低いとみなされて審査に落とされる可能性が高いでしょう。また、総量規制により収入がない、つまり無職者には絶対に融資はしてくれなくなっています。

 

無職でも借りられることがあるなど例外は存在するものの、キャッシングやカードローンは基本的に利用できません。そういった方は、国が提供している「総合支援資金貸付」を利用すると良いでしょう。

 

専業主婦(主夫)

専業主婦(主夫)の場合は、総量規制の例外に含まれる「配偶者貸付」を提供している金融会社でお金を借りることができます。しかしほとんどの金融会社は「利用者本人に収入がある」ことを絶対条件としているので、取り扱っているところは非常に少なく、配偶者貸付が可能なところでも借り入れ可能な限度額は30万円までや50万円までとなっています。

 

学生

学生でも、20歳以上でパートやアルバイトをしていれば大手消費者金融や銀行でも借りることはできます。条件を満たしていない場合は、奨学金の利用、親に教育ローンを組んでもらうという方法があります。中小消費者金融が提供している学生ローンは、本人が収入を得ている必要はあるものの、親の同意書があれば20歳になっていなくても借りられるところもあるようです。

 

生活保護受給者

生活保護受給者は、生活していくうえで最低限のお金を貰っている状態であり、貰っているお金は収入としては認められていません。そのため受給しているお金を返済に充てることはできません。また、借金をするということが収入扱いとなるため、受給金が減らされるまたは打ち切られる可能性が非常に高いのです。

 

しかし、それでも急な出費が出ることがあります。例えば、大型家電の故障で買い替えざるを得ないというときです。生活保護受給者でも唯一保有・利用できるのがクレジットカードです。ただし、利用できるのは生活必需品を買うときのみで趣向品やちょっとした贅沢、旅行などには利用できません。

 

個人信用情報にブラック情報が記録されている

ブラック状態になると、大手では絶対に借り入れはできません。中小金融会社の場合、ブラック状態になった理由によっては少額融資が認められることもあります。

 

債務整理や返済の延滞などで記録されるブラック情報ですが、実はこれらの理由以外でもブラック情報が記録されることがあります。それは、分割払いで購入した商品の支払いの延滞です。

 

中でも、携帯料金の支払いの遅れでブラック状態になるケースが少なくありません。というのも、携帯の通話料金の中に端末料金が含まれている場合があるからです。SIMフリーや格安SIMなどでは起こりませんが、大手と契約している場合は気を付ける必要があります。