お金を借りる

審査に落とされたらその理由は?

明確な審査基準は、申込者にはまったく知らされません。そのため、審査に落ちてもその問題点は分からないままです。しかし、大まかな原因は、審査に落とされた方々の傾向などからある程度探ることができます。ではひとつずつ見ていきましょう。

 

申込情報の記入ミスやウソ

ウソをつくというのは、どのような場合においてもマイナス要素でしかありません。しかも、借金をする場合は信用が非常に大事になります。そのため申込情報にミスがあると、故意であろうとなかろうと、ウソをついて誤魔化そうとしている、有利にみせようとしている、と判断され逆に信用が低下します。

 

借り入れに関する情報や年収や勤務情報などは個人信用情報機関や在籍確認などを行なえばすぐにバレてしまいます。ウソやミスがないように、よく確認してから情報を送りましょう。

 

借入金額が多い

すでに年収の3分の1までの融資を受けていると、それ以上は借り入れることができません。また、年収や返済能力によるところもありますが、すでに100万円以上を借り入れていると審査が厳しくなる傾向にあります。総量規制対象外の銀行カードローンであれば借りられる可能性はありますが、銀行も総量規制に則った貸し付けを行っている部分があるため、場合によっては断られることもあります。

 

借入件数が3件以上ある

借入件数が多いほど審査では不利になります。借入件数が3件を越えると、借入金額が総量規制に達するケースが多く、その相乗効果で融資を断られる可能性が非常に高くなります。3件以上ある場合は、借入件数を減らしてから申し込むと良いでしょう。

 

ブラックまたはスーパーホワイト

個人信用情報でブラック情報が記録されていると、審査にほぼ通らないことは割と有名な話です。
ブラック情報とはいわゆる事故情報のことで、返済の延滞を頻繁に繰り返していたり、債務整理を行なったり、短期間に何度も申し込みを行なったりすることで記録されます。

 

スーパーホワイトは、借入履歴が一切ない状態のことです。誰でも最初はこの状態であるため、初めての借り入れの場合は回避することはできません。ただ、20代や30代くらいの方が申し込むときはあまり気にする必要はありません。しかし、40代や50代くらいの方がキャッシングやカードローンを申し込むときにスーパーホワイトだと若干審査に通りにくくなるようです。

 

勤務年数と居住年数

同じところで働いてる期間と同じところに住んでいる期間が長いほうが有利になります。お金を借りるときは最低でも半年は必要になります。しかしこれはぎりぎりのラインです。半年以下である場合は、申し込んでも審査に通ることはありません。時期が来るまで待つしかないでしょう。

 

利用限度額を高く設定している

申し込むときに限度額の希望を提出すると思いますが、このときに自分の返済能力以上の金額や返済できる金額でも少し高めに設定した場合、審査に通らないか限度額の引き下げを求められることがあります。

 

多くの金融会社では、初回の貸付金額は10万円〜30万円くらいに設定されるケースがほとんどです。そのため、確実性を上げたいならこの金額の範囲内に設定しておくと良いでしょう。